スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョギングとか

奇跡的に続いていますよ!2日に1回のジョギング!
今日は少し距離を長くしてみました。と言っても、200メートルくらいですけど。まぁ、徐々に徐々に。



久しぶりに小説読みました。

石田衣良/『Gボーイズ冬戦争』

池袋ウエストゲートパークシリーズの7作目ですね。このシリーズ大好きです。
文庫版で読んでいるのですが、この作品が出版されたのは去年の9月でした。
俺がいつも行く本屋、置いてなかったのだけど。出かけた先で時間潰しに立ち寄った本屋で偶然見つけました。

相変わらず面白いし、相変わらずキング・タカシがめちゃくちゃかっこいい。
今回一番好きだったのは表題にもなっている『Gボーイズ冬戦争』。
どの短編も語り手はマコトであるけれど、主人公はトラブルを持ち込んでくる人のことが多いと思う。
でも今回の『Gボーイズ冬戦争』はマコトが語り手であり主人公でもあったから好きだった。マコトが活躍する話が好き。いや、どの短編でも活躍しているけれど。
『電子の星』とかかなり好き。

単行本では9作目まで出ているんだよなぁ。もう単行本で買おうかなぁ。でも1,600円もするからなぁ。



そういえば、大学の友人に2,3,4作目を貸したきり返ってきてない。久しぶりに読みたいから返してくれねぇかな。



で、今は

岩崎夏海/『もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら』

って作品を読んでいます。
最近本屋でよく見かけるのではないだろうか。なんかライトノベルみたいな表紙をした本だ。

これを俺に薦めてきたのはなんと父親です。
俺の父親はかなり本を読む。それにしても「これおもろいから読めや」って渡された時は表紙見てびっくりしましたがね。
「えっ!親父こんなライトノベルみたいなの読んでんの!?さらにそれを俺に薦めるの!?」と。

半分くらい読んだけど、確かにこれは面白い。書き口はライトノベルみたいだけど。「ドラッガーの『マネジメント』」なんて聞いただけで堅苦しそうな本が登場するからこそ、作品全体の雰囲気をライトにすることで読みやすくしてくれているのかもしれない。すごく読みやすくてわかりやすい。

そういえば、父親は社会で話題になっている本とか、けっこうチェックしているみたい。
何年か前も「『電車男』ってのがヒットしてるらしいから少し立ち読みしたけど、意味わからんかった。」みたいなこと言っていた気がする。

とりあえず何にでも手を出して、取捨選択をしているのだろう。
『電車男』は「捨」で、今回は「取」だったわけだ。

これ高校で野球やっていた頃に読んでいれば違っただろうなぁ。
少なくとも、もう少し頭を使って練習に取り組んだ気がする。くそっ。



、、、あれ?でも父親、村上春樹を読んだって話は聞いたことないな。好きじゃないのかな。
俺も村上春樹は読んだことがない。というか、読む気になれない。だって騒がれすぎだから。
みんながキャーキャー言っているものに、一緒になってキャーキャー騒ぎたくないという妙な自尊心みたいなものがあるのだ。ひょっとしたら村上春樹の作品が俺の人生に多大な影響を与えるかもしれない可能性に気づいていながらも。

あれだけの人が話題に取り上げるということは、好き嫌いは別にして、やはり作品にそれだけの力があるということなのだろう。
まぁ、その内。いつか波長が合って読みたくなる日がくるだろうから、その時読もう。



ちなみに、父親が好きな小説家は横山秀夫です。
ちなみに、俺が好きな小説家は奥田英朗です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

村上春樹はマジ読むべき。全然ミーハーな作品ではないです。もしEXILEとかと一緒に分類してるなら、全く違うから考え直してみて。
作品に吸い込まれるって感覚がするくらい文章表現が上手過ぎる。伊達に多くの人に読まれてないなって感じ。是非

麻雀もまた是非
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
30歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

▼▽過去出演作品▽▼

・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。