スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れない

芝居観ると考えることがある。

チープな表現だけど、人生って自分が主役の物語だと思うわけです。
生まれて死ぬまでの物語。

何を見ようと何を感じようと何を考えようと、それは主観でしかない。
「客観的」って言葉を俺はけっこう使ったりするのだけど、それも結局「客観的に観た・考察した主観」でしかないんじゃないかと思うわけで。
つまり、自分の人生において自分以外の人間が主役になることってないと思うんだよね。

でもその考え方でいくと生きてる人全員が主役になるわけだから、この世界は主役で溢れているわけだ。
なんともお腹いっぱいな世界ですね。

新宿とか渋谷とか、人の多い場所に行くとふと思うことがある。
そこを行き交う人たちは、ほとんどが自分の人生に何ら関わりを持たない人達。他人だ。
世界の人口を(大雑把に)70億人としたら、70億人中69億9,999万7,000人くらいは「他人」だろう。
「家族・親族」が30人くらいか?
「親友」が1人か2人いればいいほうだ。
「友達」は100人くらいいるんじゃないか。
あとは「知り合い・仕事の関係者」とかだろう。
まぁ、もっと細かく色々あるだろうし、人によってその数は様々だろうけど、その分配は本題じゃない。

自分の人生には色々あるよね。主に記憶とか。考えてることとか。人との繋がりとか。意思とか。
生まれてきてから触れてきた膨大な情報があって今いる自分が形成されているわけだ。

さぁ、どうでしょうか?

自分の人生において何ら関わりを持たない人たちも、自分と同じように膨大な情報があって今ここに形成された人間だと考えると気持ち悪くない?
俺は気持ち悪くなる。

しかもそれは目に見える範囲だけじゃなくて世界には70億人も人間がいるんですよ。
新宿や渋谷なんてかなり人多いけど、地球規模で考えたらほんの一部なわけで。
よくこんな気持ち悪い世界で生きていられるよな、ってたまに思う。

それでも生きてるのはそんな人間達と繋がりをもつのがどうしようもなく楽しいからなんだと思う。



で、この話が芝居とどう関係してるのか。
芝居って、まぁ、映画とかもそうだけど、主人公が自分じゃない物語じゃないですか。
だから観てると1人1人にそれぞれ色々な情報が詰まっているんだな、ってことを再確認するんですよ。
「あ、自分だけが主人公じゃないんだ」って。



何か考えてることの半分もうまく文章に出来てない気がするけれども、うまく整理出来てないから仕方ないか。

そんなこと考えてたら眠れなくなった。
スポンサーサイト
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
30歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

▼▽過去出演作品▽▼

・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。