タイムマシンについての考察とその他

昨日は1限から授業があったのに起きられず。
どうも最近芝居のことばっか考えているせいか、他のことに頭が回らない。
開き直って13時くらいまでゴロゴロして、リフレッシュに何か「芝居以外のこと」を考えてみることにする。

以下、長いので読まなくていいです。
改行しまくってる場所まで飛ばしちゃってください。



さて何をお題にするか。まずはそこから考える。
稽古場に置いてあった枡野さんの『ドラえもん短歌』の本を思い出して、数ある秘密道具の中で「タイムマシン」について考えることに決めた。
「タケコプター」や「どこでもドア」はドラえもんにしか登場しないが、「タイムマシン」が登場する作品は多いからだ。

まず「タイムマシン」は製造することが可能なのかどうか。
これはとても微妙だ。

だって未来の世界で「タイムマシン」が製造されているとしたら、過去に何かしらの影響がありそうなものじゃないか。
何かしらの部品であれ、操縦者の足跡であれ、そういったものが発見されてもいいはずだ。
(まぁ、未来の世界で「そういったものを完全に消す道具」が作られているのなら話は別だけど)
だけどそういったものがないということは、未来の世界に「タイムマシン」は存在していないのではないだろうか。

それとも、どこかの世界にはすでにタイムマシンが存在しているのだろうか。
パラレル・ワールド説。簡単に言えば何か2択の問題があった時、「YESを選んだ世界」と「NOを選んだ世界」が生まれるってことだ。
人間の数は60億以上。それだけの人間が日々意識的に、あるいは無意識的に何らかの決断をしながら生きている。
それだけ世界が枝分かれして生まれてるって話。

そうなると、例えば未来人が「タイムマシン」で過去に戻ったとしても、未来人が戻った時点から枝分かれした世界以外には「タイムマシン」の存在は認識されないというわけだ。
「未来人の影響を受けた世界」と「未来人の影響を受けていない世界」が生まれるってわけ。
この考え方なら、俺たちが今いるこの世界には偶然「タイムマシン」が認識されてないだけであって、同じ時間軸を進む別の世界ではすでに「タイムマシン」が製造されているのかもしれない。

次に、もしも時間が1本の線みたいなものだったら。
つまり、何を選択しようと分岐点が存在しない世界。
世界は何があってもその線の上から外れることはない。
あらかじめ台本があって、俺たちは知らず知らずのうちにその台本の通りに生きて死んでいく。
台本の書き手が神と呼ばれる存在なのか、大宇宙の意思なのか、そんなことは知らん。
もしも世界の形がこっちだった場合、「タイムマシン」はきっと未来にも存在していないのだろう。
だって時間が1本しかないから、未来人が過去に戻って何らかの“影響”を及ぼした場合、その“影響”は現在にも残っているはずだから。
(さっきも書いたけど、「その影響を無効にする道具」を未来人が使っているのなら、それはもうどうしようもないけど)










とまぁ、そんなことをグダグタと考えてました。
正直、これで卒論書いたほうが面白いの書けそうな気がするわ。
けっこう面白かったから。



で、次はストレス発散。
電車移動でのストレスがけっこうあるのだ。
駅構内をテキパキ歩けとは言いません。ただ広がってチンタラ歩くな。

まぁ、ストレス発散には「泣く」のが手っ取り早いだろうと思い、『ONE PIECE』の水の都編~エニエス・ロビーまでを一気に読んだ。
何回も読んでるのに毎回同じところで泣いてしまう。
また、冒険の海へ――――――――。



で、夕方から台本をじっくり読んでみる。
正直、「タイムマシン」について考えたことは何も役に立っていない!(爆笑)
俺の1時間は何だったのか。まぁ、最初から芝居の役に立つとは思っていなかったけども。

そんな感じで、稽古休みの日は終わりました。



そんで、今日。
今日は起きてから台本を読んでみる。
夜に考えるのと朝に考えるのではまた違ったところがあるかもしれないからだ。
けっこう頭がシャキッとしていたので、整理整頓が出来たような気がする。
あとはこれを表現できるかどうかだな。

昼過ぎから下北沢に繰り出す。
秋服を買うのだ。最近のような微妙な気候の時に着る服がない。
でも暑くなく寒くないような服は見つからず。
結局の所、脱いだり着たりしながら自分で調整するしかないんだな。



そんな感じの2日間。
スポンサーサイト
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
30歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

▼▽過去出演作品▽▼

・LiveDog produce『スパイ大迷惑』 2017.8
・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード