スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/26

6ステージ目。
今日は少し緊張してしまったが、もう大崩れすることは無さそうだ。
でもそう言って油断したら大失敗するだろうから、集中してやろうと思う。

雨の影響で電車が遅れるかもな、と思い少し早めに家を出たが特に遅れずに着いた。

本番前のルーティーンが出来つつある。

まず普通に体操してストレッチ。そして、、、逆立ち!!そう、逆立ちだ!!
逆立ちって意外と全身の筋肉を使うのだ。だから身体を起こすのにちょうどいい。
あと、けっこう力が必要になるので、逆立ち後はほどよく力が抜けた状態になるのだ。

寝転がって発声。正しい発声練習とかはわからないので、自分なりに少しずつ声を出す。
こんなのは自分に合ったやり方をすればそれが一番いいのだ。

次に客席へ行く。これから自分はこの舞台に立つんだ、ということを確認するのだ。
舞台に立ってる自分の姿を想像してみたりもする。

あとは舞台上で思いついたことをやる。
身体を動かしてみたり、声を出してみたり。台詞を確認してみたり。
とにかく舞台上にいることが大事だ。劇場の空気に頭と身体を慣らしておく。

そんな感じだ。
こんな感じでアップをすると、ほどよく緊張、ほどよく脱力、なんだかちょっといい感じになる。

あと今日は布川さんを中心に、モンチさん、ケントさん、笠井さん達と『大きなノッポの古時計 ver.NUNOKAWA』を歌った。
ものすごくテンションあがった。
おじいさん、あんたどんだけチクタクしたら気が済むんだよ。



本番の出来は上々だったと思う。
少し舞台上で考えて(迷って)しまった部分もあったので、もう少し感覚的に芝居するようにしたい。

今日は高校のクラスメートだった女子2人が観に来てくれて、素敵な花を貰ってしまいました。

お花

ワォ、ビューテフォー。
2人とも本当にありがとうございました。

それにしても今回は差し入れをたくさん貰っている。
毎公演何かしら貰っている。とっても嬉しい。

とっても嬉しいが、、、、、、あれだよ?
観に来てくれるだけでこっちはとても嬉しいのだから、そんなに気を使わなくていいんですよ?
いや本当に。

五反田団は安い方だけど、演劇って生ものだから、映画とかに比べるとやっぱり値段的には高いわけですよね。
電車賃とかチケット代とか色々あるのに、その上こんな差し入れまで貰ってしまったら嬉しすぎる。
思わずエレファントカシマシの『あなたのやさしさを俺は何に例えよう』を大声で熱唱しそうになるほどに。
、、、うん、嘘。さすがにそれはないわ。
でも本当に嬉しい。ありがとうございます。
差し入れは本当に嬉しいです。でもみんな無理はしないでください。マジで。
重ね重ね言いますが、観に来てくれるだけで嬉しいです。



本番後はみんなで飲みに。
小説家の山崎ナオコーラさんとチェルフィッチュの主宰・岡田さんがいらしていた。
なんてすごい面子と同席しているのであろうか。まぁ、一言も喋ってないけどね。

俺は岡部さんと芝居の話とかしてました。
先日のアドバイスを受けて改めて考えたこととか、今までに考えてきたこととかを岡部さんに聴いてもらった。
そしたら岡部さんは同意してくれたし、さらに岡部さんの考えてることも話してくれた。

このブログで再三に渡って書いてきたが、俺は岡部さんの大ファンである。
そんな岡部さんでも、やってること、目指してることってのは俺と変わらない。(もちろん体現しているものに大きな差はあるけれども。)

芝居って決まった答えがあるわけじゃないからどれが正解かなんてことはわからないのだけど、少なくとも今の俺がやろうとしていることは間違ってはいない。と思う。

でもこれがベストアンサーか、と問われたら、そうではない。まだまだ上はあると思う。
まだ芝居の世界に入ったばかりなので自信をもって言えることではないが、ベストアンサーに行き着くことは一生ないだろうと思う。
ベストアンサーだと思っても絶対その上が存在するんだ。

一生100点を取れることはない。だけど誰もが100点を目指す。
芝居って面白い。

ちなみに、万が一100点を取ったとしても、それが満点であるかどうかも、今の俺にはわからない。



何だこれ。今めっちゃ楽しいことしてるんだな、俺。

10/25

5ステージ目。
今日も早めに行こうと思ったのに雨のせいで電車を利用する人が多く、乗り継ぎに手間取ったせいで予定より少し遅れた。
速く歩けとは言わないから、せめてチンタラ歩くのはやめていただきたい。
人通りの激しい場所で携帯見てる奴とか何なの?

あと電車で6,7才くらいの小僧に思いっきり咳をかけられた。
注意しろよ、親、、、。
携帯見てんじゃねぇよ、何なの?



昨日と同様にしっかりアップをして、少し稽古をして本番。
ようやく舞台慣れしてきた感じだ。周りが見えてきたように思う。リラックスして出来るようになってきた。

今日で半分おしまい。明日からは後半戦だ。
最後まで全力疾走でいきたい。



今日は親戚のおばさん2人が来てくれた。わざわざ当日券に並んで。しかも差し入れまで。嬉しかった。
きっと天国のおじさんも一緒に観ていたに違いない。
終演後、ロビーで「面白かったよ!」って喜んでくれていたので本当に良かった。

自分が好きなことを頑張って誰かが喜んでくれるってのは本当に嬉しいことだ。今日はそれを強く実感した。
あの顔をもっと見たいからもっと頑張ろう。



たまにはいいことを言ったりもするのだ。

ノムさん

昨日の胴上げは感動的だった。
その時間は劇場にいたので、リアルタイムでは見てないけどね。

阪神が18年振りにリーグ優勝した時、その戦力の基盤を築いたのはノムさんだ。
ノムさんが築いた土台に仙ちゃんが闘魂を注入して強くなったんだ。

楽天の戦力でリーグ2位は素晴らしいとしか言えない。
山崎武をはじめ、ベテランや戦力外の選手を復活させた手腕も見事だった。



日ハムの吉井コーチ、稲葉、梨田監督が握手しにいって、両軍での胴上げ。

プロ野球もまだまだ捨てたもんじゃない。
最近は人気低迷で大変かもしれないが、俺はプロ野球大好きだ。

10/24

4ステージ目。今日はマチネ。

しっかり睡眠をとったので、朝もスッキリと目覚めた。
いつもは集合時間の30分前を目指して行くのだが、「アップをもっとしっかりじっくりやろう」と思い1時間ほど前に劇場入り。

アップをゆっくりやってから、岡部さんに相談させてもらった。
なんだかうまくいかない時どうしてますか、って。

そういう時は、自分の台詞をどう言おうとかどういう風に動こうとか考えてしまいがちだが、むしろシーンや物語全体について考えた方がいい。
「こういう風にやろう」とか決めてやるのではなく、その時の空気を感じて台詞を出したり、動くといい。
そんなアドバイスをいただきました。

そうだ。その感覚を忘れていた。
近頃はどうゆう感じに台詞を言うかとか、どこで動くかとか、そんなことばかり考えすぎだった。
それじゃいい芝居は出来ないぜ。相手の空気とかを感じながらやらないと、会話にならないんだぜ。



稽古があってから本番。
今まで前田さんに言われてきたこと、岡部さんのアドバイス、自分なりに考えたことを軽く整理して、「今日出演してる俳優の中で俺が一番!俺が出ればシーンが引き締まる!問題ない!」と自己暗示をかけてから舞台出ました。

雨がやんで日が差してきた感じ。
このまま快晴までもっていって、虹のひとつでも架けたい。

本番後はケントさん達とラーメン食いに行った。

続きを読む

どうなることやら

城島問題。

まぁ、確かに獲得したら戦力アップは間違いない。5年間はキャッチャーで悩む必要はないだろう。
でも今年100試合以上スタメンマスクを被ってきた狩野がかわいそう過ぎやしないか。
それでなくても最近は生え抜きの選手が減ってきているというのに。

まぁ、金本に代わる4番候補としても期待できる選手だからなぁ、城島は。
獲得した際のスタメンを考えてみる。


鳥谷(遊)
赤星(中)
新井(三)
城島(捕)
金本(左)
ブラゼル(一)
桜井(右)
平野(二)
投手


って感じかな。真弓監督だとこんなオーダー組みそうだ。
移籍組み多いなぁ。巨人に比べたらマシかもしれないけど。

俺の理想は


浅井(右)
関本(二)
鳥谷(遊)
新井(三)
金本(左)
ブラゼル(一)
桜井(中)
狩野(捕)
投手


って感じ。
新井さんにはぜひ4番を任せたい。
せっかく金本を追って移籍してきたんだから、4番は新井が継いだほうがいい。
金本も4番じゃないほうがリラックスして打てるんじゃないかな。
赤星は怪我が多いから。優勝した時くらいのプレーが出来るなら一番センターでもいいと思う。
浅井、関本、桜井は今後中心になっていかなきゃいけない選手たち。
もっと出場機会を増やしてあげてほしいところだ。

あの巨人の戦力を考えるとあと数年はリーグ優勝出来ないだろうから、色々試してチームの若返りを図っていい時期なんじゃないだろうか。

城島を獲得すればチームは活性化するだろうけど、長い目で見たらどうかとも思う。
それに何といっても、城島はホークスのイメージが強い。
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
30歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

▼▽過去出演作品▽▼

・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。