スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇をつくる

『劇をつくる』という授業の話。

3グループに分かれてそれぞれ『走れメロス』をやったのだけども、とても疲れた。

なんで俺は演出なんてやっていたのだろうか?

なんかAの部分の話をしているのに「Cの部分はどうするんですか?」とか聞いてくる奴はいるし、ボソボソ喋るから何言ってるのかわからない奴もいるし。

すっげぇ疲れた。

でもこの授業がなかったら共演することなんて絶対にあり得なかったような人たちとやれたのは面白かった。

すっげぇ疲れたけど。

あと1日で台詞入れたりとか演出つけたりとか、とにかく時間的にも厳しかった。

まぁ、あのメンバーでみっちり1週間稽古して作れ、って言われても耐えられなかっただろうけどね。

なんか愚痴っぽくなってしまったけど、楽しい授業でしたよ。

ただ、苦労したわりに見返りが少なかったなぁって話。
スポンサーサイト

7/27

起きて適当に朝食を摂り、片付けを始める。

何ともものが多い家だ。

形見に何か欲しいと思っていたのだが、生前祖父が使っていたような物はもうほとんど残っていなかった。

仕方ないからあったものを数点貰っておいた。

家の写真を撮って回る。

どの部屋も祖父祖母との想い出で溢れていた。

寝室で祖母が亡くなってからの祖父の日記を発見。読んで少し泣く。

母と兄がまとめた荷物を車に運び込み、名古屋の家とお別れ。

その前に泣いたりしたせいか、あまり感傷に浸ったりすることはなかった。

また雨の降る中、13時頃東京へ出発。

高速を走ってる間も、降ったり止んだりのおかしな天気だった。

20時頃に無事東京に到着。

色々と思うところの多かった2日間だった。

7/26

朝、車に乗り込み出発。

去年亡くなった名古屋の祖父の家に行くのだ。

掃除したり、思い出の品を貰ったりするためだ。

とりあえず諏訪湖のパーキングから報告。

写真では180゜の世界を映しきれないのが残念。

そして、いつもより1つ手前の出口で下りて、国宝・犬山城を見に行った。

あそこは名だたる武将達が欲しがったという気持ちがよくわかる。

山に囲まれ、城の後ろには大きな木曽川が流れる。

つまり、前方だけ守ればいいわけだ。立地条件が理想的だったのだろうな。

城主が成瀬正成って名前でびっくりした。

天守閣からの景色は素晴らしかった。

犬山と木曽川の悠然とした流れを一望できた。

5分ほど歩いたところに茶室があるというので見に行くと、織田信長の実弟で、千利休の七哲の1人・織田有楽斎が作った如庵とう茶室だった。

現存する国宝茶席三名席のひとつ。

信じられないくらい雨が降っていたのだけど、そのおかげで、趣がより深まっていた。

家に行く前に、子供の頃から名古屋に来るたび通っていた理髪店に挨拶をしに行った。

おばちゃんがちゃんと覚えててくれて嬉しかった。

そして、祖父母の家へ。

なんだろう。その家がもつ匂いは変わっていないのだけど、なんか温度が冷たいというか、、、。

やっぱり、人が住まないと家も死んでいくんだな。

夕飯は近くの蕎麦屋へ。

祖父母が存命の頃はよく一緒に行ったものだった。

当然だけど、この場所は祖父母との想い出で溢れている。

たくさん貰ったもんなぁ。

7/25

19:30に五反田のアトリエヘリコプターへ。

『生きてるものはいないのか』&『生きてるものか』の顔合わせがあった。

5分前に到着。もうかなりの人が来ていた。

今回は2本立ての為、スタッフ、役者、全員合わせて30人以上いる。

メンバー一覧などのプリントが配られ、その表の順番に自己紹介。

かなり歳の離れてる人、経験が豊富な人、俺のように外での芝居経験があまりない人。色んな人がいるようだ。

ちなみに、俺は全メンバーの中で最年少らしい。

自己紹介の後は、今後の稽古日程等について確認。

前田さんの話では、「巧い人、下手な人いると思うけど、別に気にしなくていい。」とのことだった。

正直、かなり気が楽になった。うん、かなり。

その後は懇談会のような感じに移行。

共演者で、話したいなぁ、と思っていた岡部さんと話すことができた。

あまり、芝居のこととかは聞けなかったけど。

さらに、尾倉さんが話し掛けてきてくれてかなり気が楽になる。

他の人(なんと女性)も話しかけてくれたんだけど、あまり覚えていない。

岡部さんと喋って、尾倉さんが話しかけてくれたことで安心して、そっからかなりフワフワしてた。

前田さんも気を使ってくれているようで、話しかけてくれた。

早く気兼ねなく意見を言ったり言われたりする関係になりたい。

と言うか、談笑する際に下ネタを言えないのがかなり辛い。

下ネタ以外のトークってどうやって話していただろうか?

前田さんと白神さんはカップルが出来るかどうかに興味津々だった。

でも昨日の感じではみんないい人そうでよかった。

最後までいたかったけど、電車なくなりそうだから23時過ぎに帰った。

とにかく、力まないように一生懸命やろう。

そして勉強させてもらおう。

寄り道 ~その3~

20090726171515
とんでもない雨。

道路がちょっとした池のようだ。
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
29歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

★☆出演予定☆★

ほしい

▼▽過去出演作品▽▼

・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。