スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続試合出場記録

いつになることやら、とか言っておいて翌日華麗に更新しちゃう成瀬さん、マジ成瀬さん。



えー、阪神タイガースの金本選手が重ねてきた連続試合出場記録が止まりましたね。
やはり日頃から「阪神ファンです」と言って憚らない身としては、このことについて書かねばなるますまい。誰も期待してないだろうけど。

最初に言っておきたいのは、記録が止まりこそしたものの、金本という選手は本当にすごいということです。
『鉄人』の名を冠するのに相応しい一流のアスリートだと思います。



ただ、昨シーズンから今日に至るまでの金本選手は、成績だけを見れば「お荷物」と形容できるほどの活躍しかしていません。
守備につけば投手や周りの選手に迷惑をかけ、慣れない代打と怪我の影響で満足なスイングもできない。

たらればの話をしても価値のないことなのですが、もしも阪神の首脳陣が記録を途絶えさせる決断をしていたら、昨シーズンの順位は違ったものになっていたでしょう。

広島からFAで移籍してきて以来、金本選手は単に個人の成績だけでなく、チーム全体にも力を与えてくれました。
金本選手がいなかったら、阪神は未だにBクラスで燻っていたかもしれません。
それほどまでにチームにとって大きな存在でした。



しかし、怪我で100%のプレーができないのに起用し続けるのはやはり違うと思うのです。

それでなくても俊介選手を初め、林選手もオープン戦から好調だし、坂選手や浅井選手も伸びてきています。
そういった選手たちをベンチに置いてまで起用するだけの価値が、今の金本選手にあるとは到底思えません。

だから、今日帰ってきて記録が止まったということを知り、俺は正直喜びました。
これで記録にこだわって起用し続ける必要がなくなったからです。



コメントを読む限り、一番ホッとしているのは金本選手自身なのかもしれません。

今ファン(俺)が望むのは、まず怪我をしっかり治して、万全の状態で戻ってきてほしいということです。

先に書いた通り、本来、金本という選手がチームに与えるプラスの影響は計り知れないものがあります。
年齢も球界の中で1,2を争うくらいになってきましたが、万全の状態ならばまだまだ結果を残せる選手だと思います。守備はともかく。



記録が止まったことがチームにどれだけの影響を与えるのか俺にはわかりませんが、若手はチャンスだと、金本選手はリスタートだと思ってほしいです。そして一層の奮起を期待したい。



幸いにも今シーズンはいいスタートを切っています。
シーズンを通してチーム全体が成長し、去年達成できなかったリーグ制覇に向けて1試合1試合戦っていってほしいです。

頑張れ、阪神タイガース!!



成瀬正太郎
スポンサーサイト

アジアカップ2011 日本VS韓国

激闘!!



前半は圧倒してましたね。やはり韓国には中2日の疲れが見えました。特に30分過ぎてから。
それでも個の力でゴールに迫って来る韓国のオフェンスは脅威ですね。あれは怖いなぁ。
ただ前半は課題も多く残った内容だった。

あれだけ攻めておきながら1点しか取れなかったことと、ディフェンスの意思疎通の取れてなさ。
相手のロングボールの対処は1試合通して曖昧なままだった。
この試合は吉田選手が出場できなくて岩政選手がCBに入ったわけですが、今野・岩政・川島の連携がグダグダだった。
やっぱりディフェンス面では課題が多い。

攻撃面では岡崎選手と前田選手が1本ずつ決定的なシュートを外した。
やっぱりあれは決めてほしいところ。あれのどちらかでも決まっていれば全く違った試合展開になっていたのではないだろうか。

そんな中、同点に追いついた1点目のゴール。あれは素晴らしかった。
長友選手のオーバーラップ。相手を抜いて、引きつけて、最後は落ち着いて決定的なパス。
完全に実力で相手をねじ伏せたうえで奪ったゴールだった。



後半は終始韓国ペース。
韓国は前半の反省点にしっかり対応してきていた。
サイドを好きにさせてもらえなかったし、本田選手と香川選手が好きにプレーできていなかった。

両エースが封じられた局面をどうやって打破していくのか。これは今後の大きな課題になりそう。



日本の2点目。細貝選手はよく詰めてましたねぇ。素晴らしい。
もちろんPKをもらった岡崎選手も見事。あれだけ走ってたらそりゃ相手も警戒しますわ。
まぁ、倒された場所はどう見てもペナルティエリアの外だったけども。

終盤はディフェンスの枚数を増やし過ぎて、誰がボールに行くのか、誰がマークにつくのか、という所が曖昧だった。地に足がついていない感じだった。
それで不用意なファールをしてしまい、フィジカルで勝る韓国のパワープレイに押し負けた形。

うーむ、やはりあの辺はさすが韓国というべきか。



前半以外は韓国が主導権を握っていましたね。

ただ試合終了間際に追いつかれた嫌な流れの中、あのPK戦、とりわけ川島選手のスーパーセーブは素晴らしかった。
長友選手は外してしまったけれども、キッカー全員が勇気を持って厳しい所を狙っていったからこその勝利だった。


全体的な内容を見れば負けていたと思う。
しかし、それでも勝利できたのはすごいことだとも思う。

毎回書いていますが、今後の日本代表が楽しみで仕方ない。



ちなみに、俺的マンオブザマッチは長友選手。攻守にわたって無尽蔵のスタミナで走りまわっていました。素晴らしい働きでした。

さぁ、いよいよ決勝ですね。
ここまできたら優勝していただきたい!!

頑張れ、ニッポン!!

アジアカップ2011 日本VSカタール

いやー、勝ちましたね。すごいです。
ある程度は予想していましたが完全なるアウェイの空気の中、よく走ってましたね。

先制されても慌てず追いついて、退場者が出て勝ち越されてもしっかりボールを繋いで再び追いつき、最後には今の日本の強さを発揮して逆転。
なんともシビれる勝ち方でした!



次の相手は韓国かイランってことでね、どっちがきても強敵なんですけれども、この勢いを維持して頑張ってほしい。

吉田選手が出れないのは痛いが、苦しんでいた香川選手にゴールが生まれたのが大きい。
特に2点目と、3点目に繋がる動きはドルトムントでのプレーを彷彿とさせるものがありました。よく知らないけど。

前線の4人の連携がスムーズになってきたし、中盤の遠藤・長谷部コンビは攻守に素晴らしい動きをしていると思う。
後はサイドのクロスの精度だな。
ディフェンスが危ういけれども、それはまだ仕方ない気もする。チーム始まったばかりだし。



それにしても、今日の試合よく勝ったよなぁ。
観客も審判もアウェイで、嫌な感じで失点したのに、集中を切らさず失点してから早い段階で追いつき追い越せるメンタリティの強さ。
下を向く選手がいない良いチームですよね。

これは今後の代表が楽しみですよ。
プロフィール

成瀬正太郎

Author:成瀬正太郎
30歳。
舞台ばかり出演しておりますが、映像のお仕事もやりたいと思っています。ください。(懇願)

@ついったー
【naruse_show】

▼▽過去出演作品▽▼

・LiveDog produce『スパイ大迷惑』 2017.8
・桃尻犬『メロン農家の罠』 2017.1
・五反田団『最後の聖戦』 2017.1
・五反田団『スタア☆ウォーズ』 2016.1
・ナカゴー『ベネディクトたち』 2015.9
・甘もの会『わたし今めまいしたわ』 2015.6
・玉田企画『ふつうの人びと』 2015.4
・五反田団『チング~友へ~』 2015.1
・玉田企画『宇宙のこども』 2014.11
・桃尻犬『愛ヲ避ケル』 2014.7
・ナカゴー『ハイ・クオリティー』 2014.3
・五反田団『クリーミー☆チカ』 2014.1
・城山羊の会『身の引きしまる思い』 2013.11
・桃尻犬『福子8分の1』 2013.9
・ナカゴー特別劇場『牛泥棒』 2013.7
・桃尻犬『キャンベラに哭く』 2013.6
・猫の会『漂着種子1984』 2013.2
・五反田団『黒田、演劇やめるってよ』 2013.1
・桃尻犬『秋の霧、龍にまみれ、居心地がよく』 2012.9
・甘もの会『はだしのこどもはにわとりだ』 2012.7
・桃尻犬『乳首鎹』 2012.1
・五反田団『業界人間黒田』 2012.1
・『ラフカット2011』 2011.10
・五反田団『黒田パン』 2011.1
・anarchy film『TIC-TAC』 2010.12
・桃尻犬番外公演『鶏犬不寧』 2010.10
・桃尻犬『ネコ目 HYPHY!! 鎮魂歌』 2010.8
・はえぎわ『春々 harubaru ~ハスムカイのシャレ~』 2010.2
・五反田団『生きてるものはいないのか』 2009.10
・桃尻犬『スーパーマジカルハイパーゴースト~不良とβ~』 2009.6

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。